メインイメージ 画像1 画像2 画像3 画像4
スマホ用メインイメージ

眉毛が伸びるマッサージ

はじめに

 血流が滞っていると眉毛を作る毛母細胞に栄養が届きにくくなります。
この記事では眉毛の血流を良くするマッサージをご紹介します。

眉周りのマッサージ

 額や目の周りにある筋肉は目を使う作業、悪い姿勢、肩こりなどで凝って血流が低下してしまいがちです。
たとえば目を開いたままディスプレイを凝視していると筋肉が凝ってしまいますね。
また眉が左右対称ではない原因には、額や目の周りの筋肉が左右対称ではないケースもあります。
そこで眉周りのマッサージを行い、代謝を上げて筋肉を整えましょう。

 顔の筋肉や皮膚はデリケートなので、ゆっくりとやさしい力で押すことがポイントです。
眉をこすりすぎると毛が抜けたり、強い力で皮膚をつまむとシワの原因になったりすることがあります。
また押す位置が眼球よりになったり、手がすべったりして眼球に圧力がかからないように気をつけてください。

・眉頭
手のひらが額の前にくる状態で、眉頭に親指を当てて指圧します。

・眉全体
親指と以外の3本の指をそろえ、眉頭から眉尻の方向へ軽い力で押していきます。
次に親指と人差し指を眉の上下に当てて眉の筋肉を軽くつまむ動作を、眉山から眉尻に向かって行います。
1ヵ所につき5秒ぐらいが目安です。

・額
両手の人差し指から薬指の指先が向かい合うようにして、指の腹を額に置きます。
このとき横位置は両手指先の間が眉の内側から1/3のところ、縦位置は薬指の外側が眉の上端にくるようにします。
そして指の腹で筋肉を軽く押して、筋肉を左右に5回動かします。
次に横位置をずらして、眉山の上でも同じようにします。

終わりに

 眉頭、眉の真ん中、眉尻には攅竹(さんちく)、魚腰(ぎょよう)、絲竹空(しちくくう) というツボがあり、疲れ目にも効きます。また顔の水分代謝が良くなることで小顔効果もあり、眉周りもすっきりと見えます。
筋肉ほぐしは一か所だけではなくバランス良く行うほうが効果的なので、顔の他の部分のマッサージも行うと良いでしょう。

詳細
Copyright© 2013 Perfect Guide to hair growth All Rights Reserved.