メインイメージ 画像1 画像2 画像3 画像4
スマホ用メインイメージ

植毛の特徴

男性・女性にかかわらず、何等かの理由から髪の毛が薄くなってしまった時に活躍するのがカツラですが、近年ではさらに便利な解決策が提案されています。

まず、代表的な例として挙げられるのが育毛です。
自分自身の髪の毛を育てることによって、状態を改善します。
カツラとは違い、ある程度の治療期間を要しますが、
現在ではもっとも有力な解決手段だと考えて間違いないでしょう。

やはり、人の髪の毛をつけたりするよりも、
自分自身の髪の毛をしっかりと育てることが出来れば良いに決まっています。

しかし、もちろんこれ以外にもある程度有効な手段はあります。

それが植毛であり、より自然で自分の髪の毛のような感覚であるということから、
カツラの不自然さや使い勝手の悪さに不満や不安を持っている人が
利用するようになってきたという傾向があります。

このメリットの他にも様々な特徴があり、
それ故に、即決できずに検討しているという人もいるかもしれません。

ここでは、そんな植毛についての特徴を大解剖します。
メリットとデメリットを比較するとともに、カツラや増毛、育毛など
他の薄毛解決の方法と比較を行うことによって、
薄毛・抜け毛に悩んでいる人のサポートが出来れば幸いです。

植毛のメリット

植毛の最大のメリットとしてあげられるのは、
何と言っても、好きな部分に好きなだけ髪の毛を植えることが出来ること。
その為、ヘアスタイルもある意味、思いのままと言えます。

この他にメリットを挙げるとするならば、
回復が早いという点は非常に大きなメリットとして考えることが出来ます。

自分の理想となるイメージ通りの髪の毛の状態を作れますし、
カツラのように着脱するわけではないので、不自然な感じもありません。

手術を受けることが出来れば、ごく短期間で最高の見た目を作れるのです。

その為、一種の美容外科手術と考えるようにしましょう。

もちろん、つむじや生え際などの微妙な部分だったとしても、
なんら問題なく髪の毛を植え込むことが出来るでしょう。

これらが植毛のメリットですが、実は植毛にも2種類あるのをご存じでしょうか?

それが人工植毛と自毛植毛です。

上記した数々のメリットは人工植毛によるメリットになります。

自毛植毛の場合は、比較的仕上がりが自然だと言われています。
さらに、髪の毛が再び伸びるという点や身体に負担がかからない。
という点もメリットになるでしょう。

まずは、これらの点を植毛の「良いところ」として頭に入れておきます。
その次はデメリットを確認してみましょう。

植毛のデメリット

植毛にもデメリットがあるという事を予め理解しましょう。
何よりも、しっかりとリスク管理をすることが髪の毛のトラブルでも大切です。

まずは人工植毛のデメリットは一体なにが挙げられるでしょうか?
まず第一に意識しなくてはいけないのが拒絶反応が起こる可能性があること。
現在では科学技術の向上から成功率も上がってきているようですが、
それでも90%以上という微妙な数値に落ち着いています。

絶対に成功するわけではないということと、
あくまでも「手術」をうけるということを念頭に置く必要があるかもしれません。

以上のような安全性に対する危惧が最大のデメリットになります。

また、人工的に作られた髪の毛を植え込むことになるので、
結果として髪の質感が不自然になるという可能性もあります。

植毛だからこそ、つけ外しが容易ではないわけですから、
その点もしっかりと考えておかなくてはいけません。

自毛移植の場合はどんなデメリットがあるのでしょうか?
まず注意したいのは、人工移植とは違い、移植できる量に限界があること。
つまり、ヘアスタイルや髪の毛の量を思い通りにすることができません。

さらに、髪の毛を植え付けるときに傷跡が残る可能性もあります。

要するに「手術のための傷」が残る可能性があるのです。
その点も安全性という部分では植毛が余りオススメできないポイントです。

手術を行う訳ですから、一時的に腫れや麻痺が残ることもあり、
その点も最悪のリスクとして考えておきましょう。

また、自毛植毛の場合は植毛と言えどすぐに効果が出るわけではありません。
育毛などと同様に生えそろうまでにしばらくの期間を要します。

ずばり言ってしまえば即効性がありません。

これらのデメリットに加えて植毛に共通して言えることですが、
病院で行われる医療手術ということもあり、費用が高額になります。

この点も検討したうえで植毛をするかどうかの判断をしましょう。

育毛が有効

これらのメリットとデメリットを踏まえると、
植毛に魅力を感じることが出来る人もいるでしょうか?

実際のところ、私としては植毛はあまりオススメできない薄毛の改善方法です。
やはり、育毛に取り組むのがベストな手段だと思います。

同じ費用をかけて結果を求めるのであれば、「ブラックシャンプー」や「ポリピュア」などのアイテムにお金をかけた方が有意義な印象を受けます。

まずは、解決策を何に求めるのか・・・
その点をじっくりと吟味すると良いかもしれません。

詳細
Copyright© 2013 Perfect Guide to hair growth All Rights Reserved.