メインイメージ 画像1 画像2 画像3 画像4
スマホ用メインイメージ

摂取しておきたい食べ物

育毛と言えば、育毛剤・育毛シャンプー・養毛剤などなど…
こういったものを真っ先に思い浮かべる方が多いかと思います。

正しい使い方などはありますが、
良い製品なら使い勝手も改良されていますし、
それほど面倒であはありません。

しかし、忘れてはいけない基本であり
需要な要素が「食生活」です。

シンプルに考えてみてください。
私たちが生きているのは食事で栄養を摂取するからです。
どんな食品からどんな栄養素を摂取するのかということは、
身体の一部である頭皮や髪の毛にも大きな影響を与えます。

毎日バランスよく野菜を食べていますか?
脂っこい食べ物を食べていませんか?
思い当たる節のある方は、食生活の改善が必要です。

私も食生活の改善は実践しました。
バランスよく食べることが前提ですが、
特に育毛に良いとされる食材・栄養成分をご紹介します。

○海藻類

言わずと知れた髪に良い食材の海藻ですが、
何が良いのかご存知でしょうか?

実は海藻は栄養の宝庫で、ビタミン・ミネラルなどが
豊富に含まれているんです。

丈夫な髪の毛を育てる重要な食材です。

これらを上手に活用することで、より効率的な育毛を実現させましょう。

イソフラボンの摂取

男性ホルモンの過剰分泌という原因を解消するのに、
大きな役割を果たす成分として挙げられるのが「イソフラボン」ですが、
実は、これを配合している食品は結構たくさんあります。

ここでは、その一例を紹介していきます。

まず、もっとも代表的な例が大豆です。
節分の時期に豆まきをすると思いますが、その豆がダイズです。

この豆の胚芽という部分に多く含まれているのが有名で、
加工されても、成分が消えてしまうことはありません。

そのため、豆乳や醤油、納豆やきな粉などにも成分は含まれています。

また、葛の根やレッドクローバーなどの植物にも配合されています。
葛は豆科の植物であり、漢方薬の材料にもなる多年草です。
日本でもなじみが深い植物であり、秋の七草にも含まれています。

一方でレッドクローバーはムラサキツメクサとも呼ばれるクローバーの一種。
ヨーロッパを中心にハーブとして利用されることでも有名です。

日本ではあまりポピュラーではありませんが、咳止めや口内炎の解消に役立つ
有用性の高い薬草として多くの人に利用されているそうです。

この植物にもイソフラボンが豊富に含まれているとされています。

この他にもフルーツのザクロやプエラリア・ミリフィカと呼ばれる植物にも
豊富に成分が含まれていると考えられています。

詳細
Copyright© 2013 Perfect Guide to hair growth All Rights Reserved.